スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

美と健康と…更に

 美と健康をテーマにやっていましたが、さらに気軽に流行ものを取り入れたり気になるものを気軽に紹介していけたらと思います。
美に関してはいろいろとためしたことやまたまた気になることをいろいろと紹介しようと思います。

最近気になる美容は脱毛!

脱毛 激安 他料金なし 勧誘なし

とかいろいろありますが、結局のところ広告の○○がなんと××円となっていて
実際カウンセリングにいくと他の他の部位もどうですかとなり、全身進められて
当初数千円ですむものが高くなっていたりします。
でも意志が強ければ、今回は○○だけでと言えば実際オッケーなので気後れしなくても
大丈夫じゃないでしょうか!
本当にやりたければ、話だけ聞いて(といっても聞いたらすごい進められます、今
やらないと損するとかいろいろ)
自分の目安にしてみればいいですし。即決する話でもないでしょう。
大体が一括での支払いになりますしね何十万円を。

ですが、それだけ払う価値があるかどうかはあるんではないかとも思います。
3年ぐらい通わないといけないかもしれませんが、3年我慢すればそれ以降は
何もしなくていいのですから。

なんだか敷居の高い感じがした脱毛も今はお手軽にできるようになっています
いろんは方が手軽にいっています。
勇気をだしていってみるのもありかと思いますよ!
実際私は脇だけで1000円もかからずにいっています!
もちろん追加もなしで3年間で1000円です!
(キャンペーン等の関係なのであくまでも目安です、もう少し高くなったりすることもありますのでそのことは頭に入れておいてください)



| - | 12:13 | comments(0) | vogue-inc |

体感の即効性が期待できる「ラクトフェリン」

 母乳や牛乳などの乳や涙・唾液等、粘膜からの分泌液に多く含まれるが、熱に弱く、加熱殺菌した市販の牛乳などの加熱した食品にはほとんど含まれない。

    * ブドウ球菌・大腸菌からキレート作用により鉄分を奪い、腸管内で鉄利用菌の繁殖を抑制する。
    * 乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やす。
    * 鉄分の吸収を高め貧血を防ぐ。
    * ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化させ、免疫力を高める。
    * 生理痛を軽減し、骨粗鬆症を防ぎ、気分を落ち着かせる。
    * T細胞に働きかけてIgE抗体を低下させ、肥満細胞からのヒスタミン産生を減らし、花粉症などのアレルギー症状を緩和する。
    * 口内炎、口臭や水虫などを改善する。
    * C型肝炎に対する血清「インターロイキン-18」を上昇させる。
    * 粘膜を保護し、ドライアイやドライマウスなどの症状を緩和する。
    * 発がん性物質の生成を抑え、肝臓がんや大腸がんなどのがんを防ぐ。
    * トキソプラズマなどの原虫の繁殖抑制。
    * 内臓脂肪を減らす。

この中で、特に近年注目されているのは、「ダイエット」「口臭予防」特に「歯周病」に即効性がありました。

お安い値段でも試せて、効果を体感できました。DHCのラクトフェリン のサプリでじゅうぶんですね。
| 流行りのサプリメント | 10:26 | comments(0) | vogue-inc |

12月1日 ACCHEから水素が変わります

大阪では先行で11月7日にACCHEより、新商品の発表が行われます。
(東京では10月31日に発表済み)

水素発生食品のほかに、他商品も追加発売されます。

販売方法も画期的なマーケティングで新たに出発します。


今後、ニュース等も掲載していきます。
| - | 17:02 | comments(1) | vogue-inc |

水素と酵素が命を救う

水素の本質 〜人間はなぜ病気になるのか?水素をより働かせるためには〜

内藤眞禮生 氏

体内で水素をより働かせるためには、単に水素を摂るだけでなく、体内環境を整えることが大切。

病気の原因は、活性酸素と酵素の不足

酵素には大きく二つ、代謝酵素と消化酵素がある。
食物酵素を多く含む生野菜から酵素を摂り、腸内環境を整えた上で水素を摂ると効果的。

水素サプリが体感できない人は、腸内環境が悪いケースが多く、むしろ危険な体調にあると言える。

腸は栄養を吸収する器官で、80%(小腸70%、大腸10%)の免疫が集中する。

食 べ物と酵素を一緒に摂ることで、小腸で完全な分解ができる。

そして大腸で健康な便が作られる。胃酸はPH1で酸性だが、腸はアルカリ性。腸管は「内なる 外」。

400種400兆個の腸内細菌がある。悪玉菌が30%を超えると病気になる。腸内環境は食事によって変わる。

身体にとって、ビタミンやミネラル・食 物繊維は作る部品であって、酵素はそれらを使って身体を作り上げる「作り手」の役割をする。
腸粘膜は、人間が生きていくための栄養素とエネルギー源の入り口である。

同時にバクテリアや毒素などを通さない役割を持つ。このバランスが崩れると免疫異常または免疫過剰で、アレルギーを引き起こす。

リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)は、腸管壁の荒れが原因。
酵素栄養学のエドワード・ハウエルは、「一生の間に作られる酵素の量は有限」といっている。インスタント食品に酵素は含まれていない。

医学の祖ヒポクラテスは「火食(加熱食)は過食に通ず」と言っている。動物園では最近、生のエサにすることで動物の病気が半減している。

水素は代謝酵素を活性化する。体内に取り入れる入り口である腸での消化分解を良くし、そのあと体内のミトコンドリアでエネルギーに効率よく変える。

これが水素の働き。栄養素はバランス、水素だけを摂れば良いのではなく、三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)を控えめに摂り、消化酵素を節約する食生活を心がける。

ガン・難病は身体の一部が悪いのではなく、細胞全部の環境が悪い。

その環境を作り出したのは、その人自身である。水素が作用できる腸内環境づくり=生活習慣の改善が必要。水素と酵素が命を救う

| 水素 | 19:04 | comments(2) | vogue-inc |

水素が「家庭の医学」に掲載されました。

水素は、多くの病気や老化の原因とされる「活性酸素」に有効と言われ、特に毒性の強いヒドロキシラジカルという活性酸素に効果があることが発表されました。
(2007年6月医学誌ネイチャーメディシン誌上、日本医科大学 太田成男教授) また、疲労物質(乳酸)・活性酸素の除去にマイナス水素イオンおよび水素プラズマが密接な関係にあることが分かってきました。

マイナス水素イオンは、体内において長時間放出し続けるため、疲労・老化・美容に対し、非常に期待がもてます。

 予防医学の最先端 「水素のパワー」 近年、活性酸素の害が広く知られるようになるにつれ、様々な抗酸化剤や抗酸化食品が注目されてきました。
しかし、これらは活性酸素を還元消去する過程で、同時に自らが酸化物質に変化するため、日常的に摂取し続けることにより、副生産酸化物の安全性が気にかかるところです。

その点水素は、活性酸素と結び付き、還元消去した後は水に変わるだけですので、日常的に摂取し続けても心配ありません。
また、抗酸化剤や抗酸化食品に比べると、水素は圧倒的に小さい物質で、体のあらゆる場所に速やかに到達することが期待できます。

体中の細胞を活性化させることで病気の予防・改善、アンチエイジングに大きな力を発揮します。 水素の抗酸化力については、「家庭の医学(時事通信社)」にも掲載されており、予防医学の最先端として医療への応用が期待されております。
| 水素 | 18:35 | comments(0) | vogue-inc |

ガンに対するフコイダン効果

■フコイダンとは?
「フコイダン」(*1)とは、モズクやメカブ、昆布などの褐藻類などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類を指します。海藻類の中には、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれることはよく知られています。

その他に、近年ヌルヌル成分の中のアルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。これらの成分以外に、ヌルヌル成分の中に多く含まれることが判ったのがこの「フコイダン」で、乾燥重量の4%含まれます。「フコイダン」は、硫酸化多糖類の仲間で海藻の種類によっても異なってきますが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれ、この「硫酸化フコース」「フコース」が、癌に対して有効であることが判ってきました。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:19 | comments(2) | vogue-inc |

ガンと治療のこと

■治療法
☆手術療法
がんにおける外科療法をさします。
がんには白血病のように悪性の細胞が全身に広がる血液のがんと、胃がんや皮膚がんなどのように一ヶ所にかたまって発生する固形がんとがあります。
がんの手術療法はこのうち固形がんに対して行われる治療法で、がん細胞を切りとって、組織や臓器を修復、再建する治療法です。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 09:44 | comments(0) | vogue-inc |

がん登録の仕組み

1.がん登録の仕組み
毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数(りかんすう))、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。このようながんの統計情報のうち、罹患や生存率などの多くの情報は、「がん登録」という仕組みで集められています。国立がんセンターがん対策情報センターでは、「院内がん登録」と「地域がん登録」のデータを収集、整備しています。「院内がん登録」は医療機関単位で、「地域がん登録」は自治体単位で、がんの診断、治療、生存率等の情報を集める仕組みです。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 07:13 | comments(0) | vogue-inc |

部位別がんの統計情報(その1)

1.口腔がん・咽頭がん
年齢別にみた口唇(こうしん)・口腔(こうくう)・咽頭(いんとう)がんの罹患(りかん)率は、男女とも45歳から増加し始め、高齢になるほど高くなります。男性は女性に比べて年齢による罹患率の増加が顕著です。
罹患率、死亡率は、ともに男性のほうが高く、女性の約3倍です。死亡率の年次推移は、1960年から2000年まで増加傾向にありました。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:25 | comments(0) | vogue-inc |

喫煙とガン

1.がんの原因としての喫煙
さまざまながんの原因の中でも、喫煙は予防可能な単一の要因としては最大のものと考えられています。欧米の研究では、がん全体の30%、特に肺がんの90%近くは喫煙が原因と考えられています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 07:59 | comments(0) | vogue-inc |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

links

↓↓↓ 一日一回クリック!!健康ランキング!

お得なポイント貯まる!ECナビ にほんブログ村 健康ブログへ

情報BOX

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

アクセスカウンター

ブログパーツUL5

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others