スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

ガンに対するフコイダン効果

■フコイダンとは?
「フコイダン」(*1)とは、モズクやメカブ、昆布などの褐藻類などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類を指します。海藻類の中には、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれることはよく知られています。

その他に、近年ヌルヌル成分の中のアルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。これらの成分以外に、ヌルヌル成分の中に多く含まれることが判ったのがこの「フコイダン」で、乾燥重量の4%含まれます。「フコイダン」は、硫酸化多糖類の仲間で海藻の種類によっても異なってきますが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれ、この「硫酸化フコース」「フコース」が、癌に対して有効であることが判ってきました。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:19 | comments(2) | vogue-inc |

ガンと治療のこと

■治療法
☆手術療法
がんにおける外科療法をさします。
がんには白血病のように悪性の細胞が全身に広がる血液のがんと、胃がんや皮膚がんなどのように一ヶ所にかたまって発生する固形がんとがあります。
がんの手術療法はこのうち固形がんに対して行われる治療法で、がん細胞を切りとって、組織や臓器を修復、再建する治療法です。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 09:44 | comments(0) | vogue-inc |

がん登録の仕組み

1.がん登録の仕組み
毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数(りかんすう))、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。このようながんの統計情報のうち、罹患や生存率などの多くの情報は、「がん登録」という仕組みで集められています。国立がんセンターがん対策情報センターでは、「院内がん登録」と「地域がん登録」のデータを収集、整備しています。「院内がん登録」は医療機関単位で、「地域がん登録」は自治体単位で、がんの診断、治療、生存率等の情報を集める仕組みです。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 07:13 | comments(0) | vogue-inc |

部位別がんの統計情報(その1)

1.口腔がん・咽頭がん
年齢別にみた口唇(こうしん)・口腔(こうくう)・咽頭(いんとう)がんの罹患(りかん)率は、男女とも45歳から増加し始め、高齢になるほど高くなります。男性は女性に比べて年齢による罹患率の増加が顕著です。
罹患率、死亡率は、ともに男性のほうが高く、女性の約3倍です。死亡率の年次推移は、1960年から2000年まで増加傾向にありました。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:25 | comments(0) | vogue-inc |

喫煙とガン

1.がんの原因としての喫煙
さまざまながんの原因の中でも、喫煙は予防可能な単一の要因としては最大のものと考えられています。欧米の研究では、がん全体の30%、特に肺がんの90%近くは喫煙が原因と考えられています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 07:59 | comments(0) | vogue-inc |

家族ががんになったとき

1.家族ががんになったとき
あなたの大切な家族の1人ががんと診断されたとき、あなたの心には何が起こるのでしょう。そして、あなたはその家族に何をしてあげられるのでしょうか。

このページには、あなたの大事な家族ががんになったとき、あなたの考えるべきこと、なすべきことについて、多くの体験者から得られた知恵を集めました。あなたにあてはまることがあれば、どうか参考にしてみてください。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:09 | comments(0) | vogue-inc |

病院・専門医についてのQ&A

Q1 腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)のいる病院はどこにありますか? →関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:08 | comments(0) | vogue-inc |

最新がん統計

1.日本の最新がん統計まとめ
・2004年にがんで死亡した人は320334例(男性193075例、女性127259例)。
・2000年に新たに診断されたがん(罹患全国推計値)は538345例(男性310130例、女性228215例)。 →関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:01 | comments(0) | vogue-inc |

人のがんにかかわる要因(その2)

5.職業および環境汚染

1)職業がん
ある種の職業や、職業的に多く接触することになる化学物質によって、発がんリスクが高くなることが知られています。国際がん研究機構(IARC)によって2003年にまとめられた、世界中の職業に起因するがんとその原因物質について、表4に記します。このようないわゆる職業がんには、肺がんをはじめ化学物質が直接接触する皮膚、吸入の経路である鼻腔、喉頭、肺、胸膜、そして排泄(はいせつ)される尿路等のがんが多いのが特徴です。先進国では職場環境が改善され、発がんの可能性のある化学物質を禁止、または最小限に制限し、取り扱いには徹底した管理を課しています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 09:06 | comments(0) | vogue-inc |

人のがんにかかわる要因(その1)

1.はじめに
イギリスの疫学研究者DollとPetoは、数多くの科学論文をまとめ、アメリカ人のがん死亡の原因として、どの要因がどれくらいの割合を占めているかという寄与割合を推定し、1981年に発表しました 。その結果、食生活の改善により予防できるがん死亡の割合を35%(許容推計範囲:10〜70%)、喫煙が寄与する割合、言い換えると、禁煙により予防可能な割合を30%(25〜40%)と推計しています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 10:11 | comments(0) | vogue-inc |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

links

↓↓↓ 一日一回クリック!!健康ランキング!

お得なポイント貯まる!ECナビ にほんブログ村 健康ブログへ

情報BOX

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

アクセスカウンター

ブログパーツUL5

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others