スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

ペットのチョコレート中毒(怖〜い!)

チョコレート中毒
症状
嘔吐や下痢、多尿、興奮、発熱、運動失調、けいれん、発作などの症状がみられ、また腹痛や血尿、脱水を引き起こす場合もあります。ときには、昏睡状態から死にいたることもあります。


原因は、この続きです!記事検索
続きを読む >>
| ペットの病気 | 11:07 | comments(0) | vogue-inc |

ペットのが「ガン」治療?

近年、増加がみられる犬や猫の「ガン」には、乳腺腫瘍、肝臓がん、肺がんなどの種類が有り、他にも泌尿器系の膀胱ガンや腎臓ガンが多く見られます。

「なぜ健常細胞がガン化するか?」は、未だ現代医学では解明されていません。

ペットたちの体の中で「ガン」んが発生する過程や、腫瘍細胞の仕組みや活動は人間の「ガン」とまったく同じであり、それに対する治療方法や、使用する薬も変わりません。

では、どんな治療法が有効なのでしょう?記事検索
続きを読む >>
| ペットの病気 | 09:27 | comments(0) | vogue-inc |

糖尿病ペットの原因と治療法(基本編)!

糖尿病の原因は?
 動物でも遺伝性は考えられますが、人間のように十分な家系調査ができないためはっきりと遺伝するとはいえません。しかし、人間と同じようにその生活環境が大きな要因であることは明確になっています。例えば、偏った食事や運動不足、ストレスを溜めやすい生活を続けていると、発症する確率が高くなります。
 その他にも、性ホルモンが理由で発症する場合も報告されています。例えば雌なら妊娠など、体の何らかの変化によって、ホルモンのバランスが崩れ、インスリンの作用が弱まってしまうために起こる可能性があります。去勢手術や避妊手術を行うことで、予防できることもありますので、かかりつけのお医者様に相談してみると良いでしょう。
記事検索
続きを読む >>
| ペットの病気 | 10:24 | comments(0) | vogue-inc |

とてもかわいそうです!糖尿病で苦しむペット達!

ペットの糖尿病とは?
 「ペットにも糖尿病があるの?」と驚いた方も多くいらっしゃるかも知れませんが、実は目立って増えている内分泌疾患のひとつが糖尿病なのです。
 通常、食事を摂ると血糖値が高くなります。食品に含まれる糖質は消化、分解されてブドウ糖となり、血液に含まれて体をめぐり、脳や体が活動するためのエネルギー源として使われます。その血糖値を一定に保つ働きをするのがインスリンです。
 糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)を下げる唯一のホルモンであるインスリンの作用が弱くなる病気なのです。
記事検索
続きを読む >>
| ペットの病気 | 09:21 | comments(0) | vogue-inc |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

links

↓↓↓ 一日一回クリック!!健康ランキング!

お得なポイント貯まる!ECナビ にほんブログ村 健康ブログへ

情報BOX

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

アクセスカウンター

ブログパーツUL5

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others