スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

家族ががんになったとき

1.家族ががんになったとき
あなたの大切な家族の1人ががんと診断されたとき、あなたの心には何が起こるのでしょう。そして、あなたはその家族に何をしてあげられるのでしょうか。

このページには、あなたの大事な家族ががんになったとき、あなたの考えるべきこと、なすべきことについて、多くの体験者から得られた知恵を集めました。あなたにあてはまることがあれば、どうか参考にしてみてください。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:09 | comments(0) | vogue-inc |

病院・専門医についてのQ&A

Q1 腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)のいる病院はどこにありますか? →関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:08 | comments(0) | vogue-inc |

最新がん統計

1.日本の最新がん統計まとめ
・2004年にがんで死亡した人は320334例(男性193075例、女性127259例)。
・2000年に新たに診断されたがん(罹患全国推計値)は538345例(男性310130例、女性228215例)。 →関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:01 | comments(0) | vogue-inc |

人のがんにかかわる要因(その2)

5.職業および環境汚染

1)職業がん
ある種の職業や、職業的に多く接触することになる化学物質によって、発がんリスクが高くなることが知られています。国際がん研究機構(IARC)によって2003年にまとめられた、世界中の職業に起因するがんとその原因物質について、表4に記します。このようないわゆる職業がんには、肺がんをはじめ化学物質が直接接触する皮膚、吸入の経路である鼻腔、喉頭、肺、胸膜、そして排泄(はいせつ)される尿路等のがんが多いのが特徴です。先進国では職場環境が改善され、発がんの可能性のある化学物質を禁止、または最小限に制限し、取り扱いには徹底した管理を課しています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 09:06 | comments(0) | vogue-inc |

人のがんにかかわる要因(その1)

1.はじめに
イギリスの疫学研究者DollとPetoは、数多くの科学論文をまとめ、アメリカ人のがん死亡の原因として、どの要因がどれくらいの割合を占めているかという寄与割合を推定し、1981年に発表しました 。その結果、食生活の改善により予防できるがん死亡の割合を35%(許容推計範囲:10〜70%)、喫煙が寄与する割合、言い換えると、禁煙により予防可能な割合を30%(25〜40%)と推計しています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 10:11 | comments(0) | vogue-inc |

がんの原因や予防に関わる要因を探る研究方法

1.はじめに
発がんやがん予防の情報はたくさんありますが、正確な知識を持って情報に接することが大切です。まず、発がん要因やがん予防の要因を究明するための研究は、どのように行われるかについてご紹介します。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:10 | comments(0) | vogue-inc |

副作用について(がんの治療に使われる薬について)

odjrh3000000gqrj.jpgお薬はいくつかの働きを持っています。あなたの病気を治したり、症状を和らげるために利用するお薬の働きを「主作用」といい、それ以外を「主」に対して「副」の働き、いわゆる「副作用」といいます。期待する働きだけあらわれるのが理想なのですが、理想的なお薬はなかなかありません。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:07 | comments(0) | vogue-inc |

「痛み止めの薬」のやさしい知識(がんの治療に使われる薬について)

あなたの痛みを上手に取り除くために
ここに書かれていることはがん患者さんに痛みのない生活を送っていただくために、「痛み止めの薬」についてやさしく解説したものです。

[はじめに知っていただきたいこと]の1〜8には、「痛み止めの薬」を使うときに注意していただきたい最も大切なことが書いてあります。薬を使い始める前に必ずお読みください。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:10 | comments(0) | vogue-inc |

薬と飲食物の関係について(がんの治療に使われる薬について)その2

odjrh3000000hadd.jpgカルシウム(Ca)は骨の成分として重要なミネラルですが、他のお薬と一緒に服用するとお薬の吸収を阻害することがあります。お薬の吸収を阻害するミネラル類には、カルシウムの他、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)などが知られています。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 08:14 | comments(0) | vogue-inc |

薬と飲食物の関係について(がんの治療に使われる薬について)その1

中国には「医食同源」という古くから伝わる言葉があります。病気の治療もふだんの食事も、ともに人の生命を養い健康を維持するためのもので、その源は同じとする考え方です(三省堂「大辞林」より引用、一部改)。日本では昔から、「スイカと天ぷら」、「ウナギと梅干し」など食べ合わせのよくないものは気をつけるように、生活の知恵として伝えられてきました。では、お薬の場合はどうでしょうか。お薬によっては、他のお薬と一緒に飲むと、お薬の働きが強くなったり弱くなったりします。また、ときには副作用が出やすくなることもあります。これをお薬の「相互作用」と呼んでいますが、これは「お薬とお薬」だけでなく、「お薬と食べ物」や「お薬と飲み物」でも同じことが起こる場合があるのをご存じですか。→関連記事検索
続きを読む >>
| ガン | 07:49 | comments(0) | vogue-inc |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

links

↓↓↓ 一日一回クリック!!健康ランキング!

お得なポイント貯まる!ECナビ にほんブログ村 健康ブログへ

情報BOX

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

アクセスカウンター

ブログパーツUL5

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others